スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

暗きより暗き道にぞ入りぬべき はるかに照らせ山の端の月

和泉式部の晩年の歌である。才色兼備、しっかり確立されたアイデンティティ、異性を思い通りに繰るsexy babelicious、平安時代の峰不二子だ。
この歌を知ったのは、環境に負けて両足がぬかるみにどっぷりとはまっていた20代の頃だ。途方に暮れている彼女のざらっとした心根に、触れられた気がして、時代を超えた共感にほんの少し足が軽くなった感じがした。
個人的には怜悧さが勝る額田王の方が好みだが、先が思いやられる状況になると、この歌を口ずさむ。

個人的な解釈ではあるが、この歌には救済を求める受け身の感情を感じない。ほの見える小さな山の端の月を心の支えにし、心を立て直している強さがある。足元から意志を湧き立たせる意志がある。“祈り”ではなく“意宣り”に近い。心を侵食する怖れが、すーっと薄くなっていくような気がするのである。

コロナが私たちを揺さぶっている。集団感染を避ける環境が必要だ。経営はひっ迫する。社内に不安と不満が蔓延する。クライアントには医療機関も多く、スタッフ用にマスクや除菌液を用意しなければならないけれど、調達はままならない。
ドラッグストアには朝から行列ができている。路上駐車が犇めく。道に溢れる車を責めがちに見ていると、「私の車ですが、なにか?あなたに迷惑かけているわけではないと思いますが、なにか?」的な視線で返り討ちにされる。
必要なものを手に入れるためですから仕方ないですよね、困りますものね、わかります。でもね、交通ルールってご存知です?交差点5メートル内に停めたら違反なんです。他のドライバーの視界を遮るんです。近隣の敷地入口付近に停めるのもね、迷惑なんです、そこに停めたら危ないんです、わかります?
認めましょう、私もいら立っています。こういう時こそ心は大きくしておくべきなのだ。


某テレビのアナウンサーが感染を公表した。微熱で出勤することは、いつもなら、真面目・勤勉・働き者として無言の加点を得られるのに、今は非難が集まる。仕事に穴をあけると周囲に迷惑をかけるといった日本の美徳や責任感は、今は非難の対象である。ほんの少しの価値判断が自分本位と受け止められ、本人のアイデンティティの致命傷になってしまう。感染者も被害者であるというのに。失念し、私たちは恐怖に平服してしまうのだ。非常事態なのである。

メン…
最近の投稿

桜流し

がらがらの駐車場に、2匹の猫がひなたぼっこしている。 1匹は小さな顎を上げ、目を細めておひさまの恩恵を目いっぱい受けている。その猫の横で、もう1匹の子猫が寝そべって、恩恵を背中で受けている。春だなあ。
桜が零れるように咲き出した。木蓮も満開だ。春は勢いのある季節だ。待ちきれないように、翌日が今日に押し出されてくる。日1日と空も空気も春になる。春なんだ。気持ちも足取りも自然と軽くなる。つられて浮き立ってくる足は、太古から繋がるDNAだ。


花を愛でている人を警備員が制止している。異様な光景だ。こんなことが起きるなんて、誰が想像しただろう。花見は禁止、散歩がてら見上げる楽しみさえままならない。春を喜びきれない。
オリンピックの延期が決まった。中止になるよりはと考えれば良いニュース。
志村けんさんが亡くなった。悲しいニュース。はんぱない喪失感。なんだ?この感覚。存在していて当たり前だったものが不在になる。あったものはどこにいくのだろう。亡くなる前までは確かに体のなかにあったものは、命をなくしたあとどこに行くのか。

ほんの軽い風邪のような症状が出てから、意識を失うまでたったの3日間。意識がなくなり、命の火が消え、近親者の看取りも別れも、家に帰ることも叶わなかった。コロナに罹患したことも気づかなかったという。呼吸不全になり、心臓が止まり、命は少しずつなくなっていくのか、突然断絶されるのか、その人をその人たる大切なカタマリは、どこに行くのだ。一昨年からずっと考えている。

今年も花周防が咲いた。今日は風が強い。植物は最強だなあ。ねえ、花周防、今までいくつの春を見た?枝の下を通りすぎる人をどのくらい眺めてきた?雨の日も曇天の日も、そして晴れやかな日も、どんな人たちのどんな人生を見てきた?その人たちが体のなかにしまっている無限のカタマリをたくさん見てきたのでしょう。
果てしなく広がるその人のカタマリたちが通り過ぎていく。たくさんの靴裏だけが見えてくる気がする。目を閉じれば、私の知らないたくさんの時間がくっきりと私のなかを通り過ぎていく。

春だ。「山笑う」は春を代表する季語だったか。桜を抱え太平山が笑っている。新芽の準備をはじめた広葉樹たちが、ほんのりと柔らかな色合いで笑みを添える。 山が見おろした景色は、きっと太古まで遡れる。そこにはたくさんの喜び苦難が含まれている。それを乗り越え、…

桃の節句

ひな祭りの由来は、季節の節目である「上巳」。季節の節目には、邪気が入りやすいとされている。 コロナウィルスによって、今日から学校は休校である。地域によっては、「不要不急の外出を控えてほしい」と、首長が訴えかけている。

「なにか変ではないか?」そう感じるのは、私だけではあるまい。今、私たちが戦っているのは見えないウィルスである。未曽有らしい菌である。見えないから対策が立たず、恐怖だけが先行する。誰かの思いつきのような根拠のない発言が、“いかにも感”を得て広がっていく。不安を煽る情報が先行、それに振り回され本質的になにかを得ていない。問題を把握しないまま、翻弄され続けているのである。感染者が出ると各県の首長が出てきて、恭しくカメラに向かって報告する。関心事は「感染源はどこか」である。
報道を見ていると懸念してしまう。
マスク争奪戦の勢いから見ると、「感染源」になり得る方々への差別、その方々の人権が脅かされないか心配だ。
知りたいのは感染者の数ではない。私たちが知らなければならないのは、ウィルスの特徴や症状と、治癒に関する情報だ。発熱し、菌が死ぬのを待つのが有効なのか、菌は死なないのか、症状を知ってどのように対策を立てればよいか、考えるための情報だ。

現在「コロナウィルス」として認識されているのは7種類だそうである。今、問題となっている「新型コロナウィルス(SARS-CoV2)」のうち、4種類のウィルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症で、アルコール消毒で70%感染力を失うことが知られている。
最小限にとどめるためには、「患者の増加スピードを抑えること」と「流行の規模を下げ、患者数のピークを下げること」が必須だとなっている。陽性反応が出ても症状がないこともわかった。保有している菌はずっとそのままの形で体内に残るのか?人の体は発熱することで体内の菌を殺そうとする。私たちの発熱はこの菌を殺すことができるのか。
感染し、快方に向かっている方たちは、ウイルスによる熱や咳などの症状の緩和を目指す対症療法を受け、解熱剤や鎮咳薬を投与したり、点滴等が実施されたと言われている。

学校が休みになれば、養育者だって家庭で子どもを一人にしては置けない。仕事を休む人が増えれば、企業にも差し障りがある。可能になる業務量が制限される。経済効果も大きいだろう。一体…

Irreplaceable to me

「自己肯定感」という言葉がある。自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する。「自己効力感」もある。物事に前向きに取り組み、困難にも耐えられる自分を信じ、自信につなげる感情である。
自己肯定感は“現在”を、自己効力感は“未来”に繋げる感情である。日々、毎日を過ごしていると、自分の感情に意識は向かない。なんとなく、「今日はぼんやりしているなあ」、とか「疲れてるのかな」という感じではないだろうか。「今日は行きたくないな」とか、「今日は、なんとなく人に会いたくないな」あれ?心からぽこぽこ浮かんでくる言葉は、みんなマイナス感情ばかりだ。
プラス感情になるものはどうだろう。先日、連れ合いと諍いをした。夜空を見上げたら、オリオン座の間にも、細かく煌めく星たちが見えた。綺麗だなあ、空気が澄んでいるんだなあと、自分の頭上を覆う星に、小さな感動をいただいた。諍いをしていても、そんなに参っていない自分に気がついた。


人間関係は苦手だ。ぐるりには、たくさんの感情が右往左往している。その感情をわかろうとすると戸惑ってしまう。疲れてしまうことも事実だ。誰かの心に過度に寄り添えば、誰かの心が離れていく。誰かではなく、自分の心まで見えなくなってしまう。しかし、どうだろう。大切なひとの感情は、こちらが寄り添わなくても、まるで自分がその人になってしまったかのようだ。心様が見えてくる。不思議だ。
心とは何だ?胸が痛くなる。胸が弾む。胸がきゅんとする。心が胸にあるのなら、心臓が意識を持っているということだろうか?心は脳みそだという人もいる。でも、脳はきゅんとしないぞ。でも、焦ったりすると、頭皮が縮むような感覚はある。…また、しょうもない脳内探索ゲームをしてしまった。そんなことは私が考えるべきことではない。優秀な科学者に任せておけば良いのだ。


大事な人がいる。大事な仲間たちがいる。うまくいかないことも多いけれど、いつでもみんなの味方でいたいなと思う。彼らの心が疲れているときは、笑顔になってほしいと願う。うまくいかなくて、自分を好きでいられない時は、代わりに私がたくさんその人を好きでいたいと思う。そんなことを口にしたら、相手は気味が悪くて逃げ出したい気持ちになるかもしれないから、黙っていよう。

久しぶりに新幹線に乗ったら、垣間見える海が光に反射して煌めいている。美しい景色は私を元気にしてくれる。や…

new year

新年である。
オリンピックイヤーである。経済効果も見込める。ほぼたくさんの日本人が期待する年なんである。
社員みんなで初詣に行く。お宮は改装工事中で天井がない。宮司に促され見上げれば、立派な梁である。江戸時代の松の大木だそうである。壁のすきまからは、外の陽が透けて眩しい限りである。かしこまって、奉上される祝詞に新年の願いを込める。良い年になりますように。

境内を散策する。さっぱりと葉を落とした木々の凛々しさ。陽に映える噴水の飛沫が美しい。仲良しになったオウムから挨拶を受ける。“おはよう”、“またね”。このオウム氏は、3つの言葉を話すのである。先の2つの言葉の他に、“ばいばい”、時折“あん?”などと不機嫌な感情をぶつけられることもある。オウム氏に新しい言葉を覚えてもらおうと頑張っているのだが、なかなか成果は出ない。“おはよう”をオウム氏に習得させた見えない誰かに尊敬の念を禁じ得ない。


“子”は、種子の中に新しい生命がきざし始める状態。亥の「植物の生命力がその内に閉じ込められている状態」と、丑の「芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態」の間である。
十干は庚、庚子の関係でいうと、相手を強める影響をもたらす相生、それぞれが相互に影響をもたらし合う年のようである。「変化が生まれる状態、新たな生命がきざし始める状態。全く新しいことにチャレンジするのに適した年と言える」ようである。

明るい年になると良いなあ。ひまわりのように、いつでも明るい方向を見上げられるような。手に持った努力のボールを最後まで手放さす、形にできるような。辛いときには、そのボールで自分を温めることができるような。
神主さんから、きらびやかな熊手をいただいた。少し小さめだ。空気は冷たいが、陽射しが暖かい。良い1年にできますように。

deep woods

「質問」というワードにはまっている。
購入した書籍は5冊。「質問」という短い単語で、みな1冊の本ができるほど展開するのである。目からうろこなのである。

日本人は、質問に対して、問われたことに正確に答えなければという習性があるらしい。しかし、世界的に言うと、意図のある「問いかけ」が尊重されるらしい。ふーん、なるほど。日本的のQ&Aを振り返ってみると、まず、「自分が何を問われているか」考えて、相手の求めているAを自分の脳みそから導き出そうとする。「正解」という答えが、問われたQに対する答える「誠意」だと評価されがちである。


しかしである。ミスをしてしまった際、問われたことに誠実に応えているつもりでも、「言い訳するな」などと、さらなる叱責を浴びてしまうことも多い。質問に対して、誠実に応えているつもりでも、相手には「申し開き」に捉えられてしまうからである。私のまわりには困った人もいる。こちらが聞いていることに答えてくれないのだ。聞いているこちらが、「あれ?なにを聞いたんだっけ?」と聞き返してしまう気持ちになる。
自分はどうだ?聞かれている機会を都合よく解釈し、自分の言いたいことを展開してしまったり、後ろめたい気持ちがあって、申し開きの機会にしてしまったり。あれれ?私も「困った人」代表だった。

欧米式では、質問の評価がちょっと違ってくる。価値のあるのは、相手に内省を呼びかけ、気づきを与える質問だ。自分や環境を検討して、広げ、高めて挑戦の種を心に埋め込む質問だ。有名な「フェルマーの最終定理」のフェルマーは、17世紀のフランス人である。1994年にワイルズさんがこれを証明したものの、有名なのは質問を投げかけたフェルマーさんなのである。

質問には、2つの種類がある。
比較的応えやすいので話の最初に用いられやすいクローズドクエスチョン、多くの情報を得ることができるものの、問われた人が考えざるを得ないオープンクエスチョンである。
谷川俊太郎氏の質問が面白い。詩人である彼の質問は、感性のカタマリである。突拍子がない。黒柳徹子女史の質問もなかなか突拍子もないが、その質問によって、問われた人は本質を見せてくれる。きらーんと輝いて、その人を支える哲学をチラ見させてくれる。興味深い。尊い。
なにかを変えるためには、効果のある問いかけをしたい。もやもやする状況を自分でなんとかするためにも…

神秘と勇気

先日、バス旅行なるものに参加した。何の予定も立てていなくて、食事を済ませた私たちは、横浜の中華街で時間を持て余した。
初タピオカを経験した。ストローを浮かせて、上澄みのミルクティだけすする。おどおどとすする私を、友人が注視する。だって、どう見たってカエルの卵だ。胃の中で孵化したカエルがぴょんぴょん跳ねる様が目に浮かぶ。やだな、決意して安くない金額を払ったのに勇気が出ない。黒い粒がストローに入ってくると、そっと吸うのをやめる。体に入れるのにどうしても抵抗がある。結果、底にはタピオカだけが残る。グロテスクだ。気弱な私は、ますます抵抗が強くなる。「飲みなよ」、友人の視線が強くなる。今日の彼女はなんだか意地悪だ。

時間を消費するため手相占いに立ち寄る。左手と右手では、手相の意味が違うそうである。
「体力、落ちてきてますねー」占い師さんは率直だ。はい、年をとりました。日々衰えを感じています。
「生命線すごいですね。なかなか死ねませんよ。大きな事故に遭っても1人生き残るタイプです。助けが来なければ、長く苦しみます」え、そんなの嫌だ。
「優しい人ですね。しかし、口が悪いので、その優しさは周囲に気づかれにくいでしょう」ほっといてほしい。
「才能と成功運をお持ちですね。すごい力があなたにはあります。しかし、表面に出にくいので、気づかれにくいでしょう。でもそうなるとないのに等しいんですよ」なんだ?結局だめなんじゃないか。隣で友人が腹を抱えて笑っている。

占い師は私に最後通達をする。「最後に聞いてみたいと思うことを言ってください」。え?恐れ多いくらい抽象的。なのに「最後の」なんてつくもんだから、脳内で、コスパスイッチが勢いよく押される。貧乏根性の合理主義が猛烈に活性化しはじめる。考えあぐねた末に飛び出した質問にびっくりした。思いもよらないとんでもない質問だったのだ。

占い師は、一般論の王様のようなものを持ち出した。しかし、なんだろう、それを聞いたら、すっきりとクリアな気持ちになった。
なんとなく気にしていたことが表面化された。目を向けたくなかった。わざわざ考えたくなかった。そんなあれやこれやを集約した問いが、心からぽろっと転げ落ちた。自分から全部脱いで、さっぱりと丸裸になってしまった気分だ。あとは、お風呂に飛び込むだけ。ざぶーん。心の中の風通しが良いぞ。なんかすごいぞ。ほんとびっくり…