スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

感謝を期待するな

顔なじみのお客さんから連絡があって、久々に来訪している。今日の用件は、10月から就業の派遣受注である。 こちらでは総務事務さんが3名いる。弊社からの派遣の後、正職員に転換した皆さんだ。彼女たちのしっかりとした仕事ぶりが、弊社の評価を上げてくれている。ありがたい。 他にも、別部門で1名、他の部門に2名の派遣さんがいる。彼女らの仕事ぶりや今後の可能性などひとしきり確認し、こちらが把握している近況や、彼女らのささやかな要望などをお伝えし、今後のことを共有する。それが終わると自然、世間話となる。 お客さんは、週に1度、朝礼で短い講話をはじめたらしい。 先週のテーマは、「感謝を期待するな」。親御さんからの教えだそうで、「なにかやってあげると、無意識に感謝を期待しちゃうじゃない? でも、それじゃなかなか成長できないと思うのね」。そうですよね、でもついつい期待しますよね。「やってやったのに、なのになによ」とか、ついつい思いがちですよね。それで、なんだかモンモンしちゃうんですよね。最近の自分を省みながら、相槌を打つ。 話題は収束しないコロナの話に移行する。 「気が抜けないよね」「ひたひたと、音もなく近づいてきている気がするんだよね。」 リスク対策や、最悪の場合の想定、考えるべきことを洗い出していると、「眠れなくてさ、体重が5㎏減った、参ったよ」。百戦錬磨の偉い人は、ひっそり不安を打ち明ける。 起きていないこと、可視化できないことに思いを馳せるのは心痛だ。解の正しさが確認できない。組織規模が大きくなるほど、自然、リスクも不安も大きくなる。…うーん、恐ろしい、想像するだけで胃が痛む。 実は…と切り出す。うちもはじめて感染者が出たんですよ。こそこそ声でひっそりと開示する。「えー?! 大丈夫だったの?」幸い、盆休みで。他者との接触も殆どなくて。でも、気が気じゃなかったですよ。感染経路と今の症状、そして経過、それぞれの行動確認。どのタイミングで誰と誰が接触したかをヒアリングし、関係各所に連絡を入れて。待機している時間は心底怖かったです。 自分のことも。いつ誰と会ってどこへ行ったか? あれほど真剣に振り返ったことは久々で。生きた心地がしなかったですよ。思い返すだけで肝が冷えます。「そうだよねえ」 接触感染とか、空気感染とか、ウイルスのことや対策だって、報道されて
最近の投稿

人生何回目?

「人生何回目だろう…」 目の前で若いコがつぶやく。輪廻転生の話ではない、らしい。 「日がな一日、きつい言葉に追い詰められる。私、人間扱いされていない。…でも仕方ない。まだ半人前。仕事が遅いし、指示がないと動けない。相手がまるっきりの悪人だったら割り切ることができる。でも、そうじゃない。仕事はできるし、悪い人じゃないし。注意されるのも、気にかけてくれているからだとわかっている。だから責め切れない。みんなの気持ちもわかる。でも私だって頑張っている。叶わないだろうけれどわかってほしい。 …そんな時、きっと相手は人生1回目なんだと思うようにしている。実は、この世界は人生経験の回数が多いほど、たくさん我慢しなきゃいけない仕組みになっていて、たくさん考えてしまう私の役回りはいつだって我慢。私、人生何回目なんだろう…、5回目くらい?(笑)。」 …逃げ出したい気持ちと、負けないでいる気持ち、情けなさを認めたくないから、現実をまっすぐ受け止めきれないでいる。彼女の内部で、負の感情が駆け巡る。苦しさに形があるなら、ばつんとふたつに割って、大きい方を引き受けてやりたい。 「私、人生5回目くらいなんで」ちがう子がカラっと言う。 5回目? なんだそれ? 聞いてみると、くだんの彼女と同じような話をする。 「たぶん、理解してもらえないのは、相手の人生が1回目だからだと思うんですよ。そうすれば諦めきれるでしょ? だから今はこっちで飲みこみます」 さっぱりしているのか、投げやりになっているのか、なんだ、なんだ? うーん、ちょっとよくわからない。 そういう考え方が流行っているの? 確かめてみれば、どうやらそういうわけでもないらしい。そういうわけじゃないらしいけれど、コミックなんかの新領域として「転生モノ」が派生してきていることを教えられる。「新作が増えてくると、ニーズに合わせてテーマも細分化され、王道な恋愛だとか、ヒーローものとかもう飽和状態なんで。「転生モノ」は新しい分野って言うんですかねえ…」。 理不尽な気持ちになった時、「転生思考」でもやもやの消化を図る。一見、柔軟な対処法にも見えてくる。感情に折り合いをつけて、負の感情から自ら距離を取り、責めの感情を排除する。コントロール機能? ある意味合理的? 納得できるような、できないような。うーん、ますますもやもやし

松の実ばかりが松じゃない?

暑い。推定気温39度。平熱体温を上回るなど、まるで大気自体が発熱しているみたいだ。 ほんのちょっと世の中を湿らせた後、梅雨はあっけなく行ってしまった。次に訪れたのは、猛暑、猛暑の酷暑日攻撃である。今年のモンスーンは、せっかちなのか気まぐれなのか、ほんとにもうこの暑さ、老体には堪えるんだよなあ。 今年度2コース目の職業訓練が始まった。OA経理事務科である。 3カ月でPCスキルと簿記3級を取得する。換気のために窓を開けているせいか、空調が効いていない教室の空気がくぐもって見える。 “ごめんなさいね、みんな暑いだろうけど、感染拡大を防ぐためには換気が必要なんですよ。勘弁してね”的な笑顔でお出迎えする。 受講生の皆さんは、3か月間ここで過ごす。未来の武器を手にする努力を積み重ねる。それぞれの期待と、これを乗り越える未来への漠とした不安が、教室の中を対流する。 入校式の挨拶を考えてなかった。 ふいにそう思ったものの、事前に挨拶を考えたことなどなかったと思い出す。いつだって話したいことは自ずと湧きあがってきた。今日は、暑さに気持ちまで持っていかれている。 このコースの受講生は12人。それぞれの表情が若々しい。今日が入口、修了式が出口、その間の変化を楽しんでと話す。目的と手段をはき違えそうになりがちだから気をつけてと話す。思うようにいかなくても焦ってはだめ。学びながら、自分探しの寄り道をちょこっとしてね、他の人の経験をたくさん聞いて、自分の特性や美点に気づいてねと投げかける。 今日は午前中で散会。オリエンテーションは明日。すぐ職業人講話が入っている。最初の階段が高いと言われる簿記について、少しでも理解の助けになるような話をしよう。そんなことを考えながら教室を出ると、空調の利いていない廊下がサウナのよう。 眠りが浅い。夢がリアルだ。同じような夢が続いている。際限なく繰り返す既視感に、夢を見ながら苛立っている。 現実の話と、物語のなかの話。混在してくるのは暑さのせいか、空調が不調で頭がぼーっとしてくる。大体“話”の右側は「千の口」だけど、“語”の右側は「五の口」で、圧倒的な分量の違いがあるのねと、わけのわからないことを考え出している。 あー、もう考えない。今日は考えない。考えるだけややこしくなる。今日は事務的かつ作業的な仕事をしよう。 日報をチェッ

水無月

6月、水無月である。 美しい名である。なんたって幻想的なんである。 しかし、雨の多い6月に、水のない月とは。陽暦と陰暦とか、月のずれで考えてみても、梅雨明けが7月であることや、8月の夕立の多さなど考えると、なんとなくぴんと来ない。 早速グーグル君に聞いてみる。 水無月の「無(な)」は、現代の「の」にあたる連体助詞だそうで、水が「無い」わけではなく「水の月」という意味なのだという説を紹介してくれた。 そういえば「無」が入っている和風月名がもうイッコある。11月、神無月。さっきの由来をあてはめると、「神の月」だ。よく謂われる「神様たちが出雲に集合しまって不在になる月」というのは、どうやら平安時代あたりで後付けされ説らしいぜっと、グーグル君は、ちょっと得意げに物知り顔で教えてくれる。 6月はひっそりと夏を迎えていてて、入梅の季節でもある。雷を表す「鳴神月」とか、「蟬羽月」、「風待月」、「季夏」なんて、蠱惑的な名前がたくさんあるようだ。 さてもさても、しかししかし、個人的には楽しい要素もワクワクも、ちょいと少なめの6月である。祭日はないし、記念日も虫歯の日(6月4日)とか、時の記念日(6月10日)とか、歯医者は苦手で、時に追われている身だからか、後ろめたいようななんとなくの説教臭さを感じとってしまう。 薄曇りや雨降りの日も増えてくるから、ネットが繋がりにくいし(専門家からそんなことないと反論されるけど)、接続待つのにウツウツしてしまう。身に着けている衣服は、生乾き臭がしているようで憂鬱だし、なにより、じとじともやもやの湿気を払拭できないのが鬱陶しい。 ぐちぐち言わずに名の美しさに着目しよう。なんたって、私たちにとって水は神様のようなものである。植物を育て、万物を生かし続ける。流水は汚れを清めてくれるし、なにより指先に触れているだけで気持ち良い。健康には衛生的な水が不可欠だ。 水がなければ生きていけない。そもそも私たちの体は約60%の水分を含んでいる。水は生き様そのものと考えることもできる。堰き止めてれば溢れてしまうし、動かなければ澱んでしまう。 そうそう、6月6日は芒種だそうだ。窓から見える田んぼも、いつのまにか水田になって、陽に映えて水面もキラキラと、苗代から越してきたばかりの小さな苗も緑に輝いている。例年活躍している水田パトロールのカルガモ

秘密の物語 転機のストーリーとCCI(キャリア構成インタビュー)

ある心理支援者の一説である。 “消化しきれない過去、衝撃的なことなど、一瞬を凝縮するようないわば写真のような形で脳にインプットされている。ショックなできごとなどをトリガーにして、脳は凝縮画像を閃光させる。強い記憶は点の形で保存されている。点の記憶がフラッシュバックを引き起こしてしまうのなら、いっそ点をつなげて線にして、潜在意識の奥底に沈めてしまおう。” 野球マンガの打線のハナシか? そんなことを思いつつ耳を傾けた。しかし、なかなかどうして核心をついていて、真理じゃないかと思うのだ。 「ライフデザイン・カウンセリング」を学んで半年になる。 ライフデザイン・カウンセリングは、その人独自のライフテーマ(その人が生まれてきてから今まで大事に育ててきた金の糸=その人らしさ)見つけ、物語(点→線)にして未来を創るといった手法である。 時流の激しいVUCAの時代、既存のキャリアコンサルティングだけで対応していくのは至難の業のように感じている。 新しいこの学びは、既存の理論とスキルから飛躍していてとても自由な感じがするけれど、だからこそ課題も大きく、表面的な学びだけでは習熟度を高めるのは難しい。前提条件として、コンサルタントの裁量というか、専門家としての自覚。それとクライエントに関わる上での覚悟が必要となる。 ライフデザイン・カウンセリングは3回か5回で実施する。前半は、1時間半程度のCCI(キャリア構成インタービュー)で、問いかけ(インタビュー)は5つ。 カウンセラーが問いかける形でクライエントが答えていく。その答えを核にして語ってもらうと、クライエントの小さなストーリーができあがっていく。 カウンセラーは、語られた小さなストーリーを繋いで、ライフ・ポートレートという大きなストーリーにまとめる。大きなストーリーには、クライエントの【金の糸】が、大切な価値観や生きる意味が顕れている。その人独自のライフテーマ【人生にとっての深い意味】が明らかになり、意思決定が促進されていく、そんな流れがキャリアデザイン・カウンセリングで見込める効果というか目的である。 カウンセラーが作成するライフ・ポートレートはあくまで仮のものである。仕上がったライフ・ポートレートについて、共有し、調整し、よりぴったりする物語に、クライエント自身が仕上げていく。 さてさて、本日はじめ

Marriage tie

姪が結婚し、お披露目だ。コロナ禍の影響でこじんまりとした式になるとのこと。和装などしていそいそとお祝いの席についた。 親族席で新郎側と相対する。司会者に促され、親からはじまり、叔父・伯父、叔母・伯母、いとこなどと、関係性を明らかにする。 初対面で名を明かし、「自分は何者であるか」と、個人情報のバーゲンだ。この場に集まった時点で、否応なし“親戚”になる。普段はわざわざ口にすることのないあれやこれやが、誰かれの口からこぼれ出て、なんだか時代に逆行している感じ。新郎新婦の連絡先も、いまは仰々しく大っぴらにされているけれども、年賀状の季節になれば、遠慮がちに問い合わせる気分にならざるを得ないだろう。 司会者が、「本日、新たな絆が結ばれました」と、祝福で場を締めくくる。「絆」か。一度じゃ全員覚えられないけれども、今後の慶弔の席で、顔合わせするメンバーが形成されました的なことか。交流分析には、「時間の構造化」という項目があって、分類するなら今日は、「儀式・儀礼」の時間。相互存在認知の場なんである。 「絆」かあ。しっかり昭和な私でも、この単語は照れ臭い。年始に放映される、向田邦子&久世光彦の世界観。昭和初期の古き良き時代の清らかなイメージ。“糸”の“半”分だもんなあ。半分ずつ繋いで一つみたいなこと言われちゃうと、ちょっと恥ずかしいよな。ずいぶんロマンチックだぞ。 照れくさいのは、眩しい清らかさのせいなのか、それに合うよう己を正さなければという気にさせる“絆”の重みか。追求しようと、最近とみに仲良しのグーグル君にちょいと訊いてみる。すると、絆にはちがう呼び名があることを知る。お尻に“し”とつけて、「絆し」と読むらしい。 情にほだされてってやつ? ほだされて、ゆるゆるとだらしなる感じ? グーグル君、もうちょっと教えてよ。 「“絆し”=心や行動の自由を縛るもの。自由を妨げるもの」、えー、なんだか気が進まない関わりだ。なるほど“絆”って、全部が綺麗なわけじゃない。綺麗なだけじゃいられない部分が、顔を覗かせている。これが時折透けてしまうから、すんなりそのまま受け入れられない。ちょっと抵抗してみたくなる理由になっているかも知れない。 姪は弟似で、弟と私はしっかり血が繋がっているわけだから、顔や性質が似通うのは不思議じゃない。面白いもので、「似ている」と言われると尚

油断大敵 猫に鰹節

ネコに噛まれた。 と、言うと「え? 飼いネコに?」と返される。相手の表情が瞬時輝き、お目目キラキラと私の不幸を笑っているように見えてしまうのは、今日の心が歪だからだろうか。 確かに拙宅のネコはお転婆ムスメだ。平気で腹の上で寝るし、時折フミフミしながら私の顔に爪を立てる。けれども、たとえちびっこギャングたちに追いかけまわされても、尻尾を掴まれても、絶対に反撃はしない。心根のやさしいムスメである。胸を張って、彼女の潔白を証明しよう。 知人宅で初見のネコに噛まれたのだ。恐るおそる“はじめまして”と、親交を深めようと差し出した右手をぐぎっとやられた。 「だめーっ! その子は凶暴だから触っちゃダメ!! 知らない人は特にダメ!!」…そういうことは早く伝えてほしい。“小動物系にはちょっと人気があるの”と、高をくくっていた数分前の驕りが腹立たしい。 ぼとぼとと出血は止まらない。差し出された“抗生物質”の塗り薬を親指に塗り込み、CMで見たことのある進化系の絆創膏をかぶせる。 ずきずきと痛みは激しくなり、指は腫れあがる。抗生物質って最強だと思っていたが、そんなことないらしい。ミミズがのたくっているような字はなんとか書けるけれど、腫れあがった手を人様に晒すことがなんとも無様である。 仕事があるから客先に行く。会う人、見る人、ドラえもんと化した右手に驚愕する。ありがたいことに、皆さんすぐに診察を勧めてくださる。 「早く」、「すぐに」、「診てもらって」。心配いただきありがとうございます。でも、コレ今日中に仕上げないとなんです。終わらないうちは行けないんです。「ここ医者だけど」、存じております。優しいお気持ちに遠慮なく乗っからせていただきたい。そんな心と裏腹に「でも…」を繰り返す。何度か同じやりとりを繰り返した後、相手はため息まじりにボールペンを持ち出し、腫れた範囲と計測時間を私の手に直接書きこんだ。14時・・・15時・・・、「ほら、どんどんひどくなっていくわよ」、「関節だから良くないわよ」、「下手すると手術になるわよ」。 あー、優しさに従ってしまいたい。けれど、まだまだ終わりそうにない。普段がばっちり健康で、人様のお世話になることなど滅多にないものだから、差し出された優しさが、万能軟膏のように弱い心に浸潤する。幼い子どもに戻ったように、優しさで満ちたカタマリの中